ヒト幹細胞培養液って何?分かりやすく解説してみました!

ヒト幹細胞コスメ女性の笑顔

「ヒト幹細胞培養液」って難しそうな名前ですが、一体どんな成分なのでしょうか?

 

最近配合した化粧品も増えてきましたが、次世代型スキンケア成分と言われています。

 

「ヒト幹細胞培養液」は、今ままで行われてきたスキンケアとは全く異なるアプローチでスキンケアを実現する美容液なのですが、何が従来の化粧品と違うのか、分かり易く紹介したいと思います。

 

 

ヒト幹細胞培養液が従来のコスメと根本的に違う部分とは?

 

従来のスキンケアは、加齢などの影響で肌に不足しているコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を補なうことで美肌に導くというものでした。

 

ところが最新のスキンケアは、減少したものを補充するのではなく、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容細胞を作り出す元になる「幹細胞」を活性化させるんです。

 

加齢による肌の老化プロセスは、次のようになります。

 

細胞の活性低下→成長因子の低下→線維芽細胞の減少→肌の美容成分(コラーゲン、ヒアルロン酸等)の減少→肌の老化(シミ・シワ・くすみ・乾燥、ハリ・潤いの減少)

 

従来は、このプロセスの中で「肌の美容成分の減少」の段階で、美容成分を補充するというスキンケアがほとんどでした。

 

一方最新のスキンケアでは、最初の「細胞の活性低下」に働きかけます。

 

「ヒト幹細胞培養液」には細胞を活性化するための「成長因子」が含まれています。

 

その「成長因子」が、繊維芽細胞や表皮幹細胞を増やし、肌の美容成分を増やすことでシミ・シワ・くすみ・ハリなどを改善するという、肌の老化の元に働きかけるエイジングケアをするというものです。

 

コラーゲンヒアルロン酸化粧品

 

ヒト幹細胞培養液の効果は何?

 

では具体的にヒト幹細胞培養液の配合された化粧品には、どんな効果があるのか、紹介します。

 

先ず、

 

@シワ・シミの予防と改善
A美白効果
Bたるみの改善
C抗酸化作用

 

などの効果があると言われています。

 

これらの効果は従来の化粧品にもあったのですが、ヒト幹細胞培養液の配合された化粧品は元の細胞を活性化させることでこれらの効果を得る点が違います。

 

そのため、使い続けることでより効果が高く、その効果が長続きするということで、非常に注目されているんです。

 

 

ヒト幹細胞培養液配合化粧品を選ぶ時の注意点・使用方法

 

最近では色々な幹細胞化粧品が販売されています。

 

このページでは、ヒト幹細胞培養液配合のコスメを購入する時の注意点と、使用方法についてお話します。

 

幹細胞入りコスメを選ぶ際の注意点

 

幹細胞には植物の幹細胞もあり、植物由来のものは人と植物では全く違うので、効果が期待できません。

 

そのため、幹細胞培養液配合のコスメを購入する時の注意点としては、必ずヒト由来のもので、できるだけ高濃度のものを選ぶようにしてください。

 

使用方法について

 

先ず注意点としては、ヒト幹細胞化粧品は、「効果が出るまでにある程度時間がかかる」ことを理解して使用することです。

 

というのは最初にお話ししましたように、ヒト幹細胞培養液化粧品は細胞の活性化を促し細胞自体の若返りを図るため、美容成分を補充する従来の化粧品と比べて、細胞が活性化するまでに時間がかかるからです。

 

ですので、効果を待てずに使用をやめてしまう人もいるようで、もったいないです。

 

逆に一旦細胞を活性化することができれば、効果は長持ちしますし、使い続けるとその効果を維持し付けることができます。

 

ということで、幹細胞培養液コスメの効果を実感するには、一度使い始めたら最低でも2カ月、できれば3カ月は継続して使い続けるようにしてください。

 

幹細胞培養液コスメは、値段が通常の化粧品よりも高いものが多いので、3カ月は続ける前提で検討してください。

 

そうすれば、3カ月後には今まで体験したことのないような美肌に驚くことでしょう。

 

スキンケア喜びの顔

そもそも幹細胞とは?

ヒト幹細胞も含めて、「幹細胞」とは一体どんな細胞なのでしょうか?

 

幹細胞は、普通の細胞とは違って「自己複製能力」と様々な細胞に「分化する能力」を持った特殊な細胞です。

 

この自己再生能力と分化する能力によって、「組織の再生を担う細胞」ということが分かっています。

 

幹細胞の種類には、主に「ES細胞(胚性幹細胞)」、「体性幹細胞」、「iPS細胞」(人工多能性幹細胞)などがあり、再生医療、美容の分野への応用などに注目されています。

 

幹細胞種類

 

幹細胞培養液とは?

 

幹細胞培養液というのは、幹細胞を培養した際に幹細胞から分泌されるたんぱく質を含んだ培養液の事で、植物由来、動物由来、ヒト由来の3種類あります。

 

動物由来幹細胞培養液とは?

 

「動物由来幹細胞培養液」とは、動物から採取した幹細胞で作られたもので、特に幼羊の毛根や羊の胎盤から採取した幹細胞が良く使用されます。

 

羊の幹細胞が良く使われる理由としては、人間の皮膚幹細胞に似ているという事と、他の動物の幹細胞に比べてアレルギー反応が起こりにくい、羊が病気にかかりにくいというようなことがあります。

 

ただ、いくら人間の幹細胞に似ているとは言っても羊と人間とは別物。

 

アレルギー反応が起きる危険性も十分ありますし、アレルギー体質の人は特にリスクが高いと言えます。

 

 

植物由来幹細胞培養液とは?

 

細胞表面には、「レセプター」と呼ばれる特定の形をした鍵穴があります。そして、「リガンド」と言うその鍵穴にピッタリ合うカギとなる物質と結びついて初めて細胞の活性化が始まります。

 

植物由来の幹細胞化粧品は、抗酸化作用や潤いを与える効果があると言われていますが、実は植物細胞には「レセプター」と「リガンド」の仕組みはないと言われています。

 

レセプターとリガンドの仕組みはヒト・動物特有の情報伝達手段なので、植物の幹細胞由来の成分が人の細胞にどのように作用するかについては明らかになっていないことがまだ多いです。

 

植物細胞

 

ヒト由来幹細胞培養液とは?

 

ヒト幹細胞培養液には、生理活性物質と呼ばれる成分であるサイトカイン、酵素、ECM構成タンパク質などが豊富に含まれています。

 

生理活性物質は老化によって活性の低下した細胞を呼び覚ます賦活成分として色々な効果をl発揮します。

 

例えば、コラーゲン・ヒアルロン酸生合成促進、繊維芽細胞・幹細胞・表皮細胞増殖、シワの改善・防止、美白、増毛など、アンチエイジングへの効果が確認されています。

 

ヒト由来幹細胞培養液には、植物由来には含まれていないレセプターに一致するリガンドとなる成長因子などのサイトカインが豊富に含まれているため、細胞の活性には最も効果的であることが確認されています。

 

幹細胞培養液

 

 

ヒト幹細胞美容液「レナセル」の口コミページに戻る